ビジネスの変化や脅威の複雑化を受け、来春「秘文」の製品体系を刷新(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

ビジネスの変化や脅威の複雑化を受け、来春「秘文」の製品体系を刷新(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、情報漏えい防止ソリューション「秘文」のコンセプトを刷新し、製品体系を2015年春に一新すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは11月27日、情報漏えい防止ソリューション「秘文」のコンセプトを刷新し、製品体系を2015年春に一新すると発表した。また、万一情報流出が起きた場合でも、ファイルを失効させることで情報漏えいの拡大を防止する新製品「秘文 Data Protection」の提供を12月26日から開始する。製品体系の刷新は、企業間連携の拡大やセキュリティ脅威の複雑化を背景としたもの。

具体的には、情報の漏えいを防ぐための「出さない」「見せない」という考え方と、万一、情報漏えいが起こった場合の漏えい拡大を防止するための「放さない」という考え方に基づいた3つの体系に刷新、セキュリティ対策の目的に合わせて利用できるコンセプトとなる。また新製品「秘文 Data Protection」は、ファイルの参照以外の操作を禁止することでファイルの二次利用を防止するもの。管理者、および利用者は必要に応じてファイルの閲覧を停止させ、失効させられるため、情報の拡散を防ぐことができる。サブスクリプションライセンス価格は、PC1台あたり年額4,000円。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×