安価なDDoS攻撃請負サービスにより攻撃が倍増--四半期レポート(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

安価なDDoS攻撃請負サービスにより攻撃が倍増--四半期レポート(アカマイ)

アカマイは、2014年第4四半期「インターネットの現状」レポートを発表した。レポートによると、同四半期は「信じられない数のDDoS攻撃が発生し、前年同期のほぼ2倍に達した」という。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は1月30日、2014年第4四半期「インターネットの現状」レポートを発表した。レポートによると、同四半期は「信じられない数のDDoS攻撃が発生し、前年同期のほぼ2倍に達した」という。DDoS攻撃の平均ピーク帯域幅も、前年同期に比べて52%上昇していることも観測された。その背景には、豊富なリソースを有するDDoS-for-hire booter(低価格でDDoS攻撃を請負うサービス業者)の存在を指摘している。

DDoS-for-hire booterは、リフレクションベースのDDoS攻撃を組み込むことで低価格路線を取っている。全DDoS攻撃の40%近くに、受信時より応答時のトラフィックが増えるインターネット・プロトコルの特性を利用したリフレクション手法を使用している。この種のサービスの市場拡大により、マルチベクトル・キャンペーンの利用が推進された。市場競争によって攻撃手段のイノベーションが起きたとしている。観測されたマルチベクトル攻撃の件数は前年同期比で88%と大幅に増加。全攻撃の44%以上で複数の攻撃ベクトルが使用されているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×