スマホアプリによる利用者情報の外部への送信の有無を解析し検証する実証実験を実施(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

スマホアプリによる利用者情報の外部への送信の有無を解析し検証する実証実験を実施(総務省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 総務省は7日、スマホアプリにおいて、利用者情報の適切な取扱いが行われているかどうかを技術面から第三者が検証できる仕組みについて、構築・実証する実験を行うことを発表した。システムプロトタイプを構築し、2月に実証実験を行う。

 近年、スマートフォンの利用者情報(通話履歴や購買履歴等)が、不正なアプリによって外部送信される事例が発生している。これを受け、安心・安全な利用環境の整備を目指して、第三者が検証できる仕組みを構築するのが狙い。NTTコミュニケーションズが実作業を請け負う。

 アプリによる利用者情報の外部への送信の有無等を解析し、アプリ提供者が公開しているプライバシーポリシーとの突合を行い、結果を表示する第三者検証システムプロトタイプを構築し、実証実験を行う。また、今後のプライパシーポリシーの普及・啓発のための検証も行う予定だ。

スマホの利用者情報、外部送信の有無を検証するシステムを総務省が実験

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×