サイバー戦争、サイバースパイ、IoTへの攻撃--2015年の脅威予測(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

サイバー戦争、サイバースパイ、IoTへの攻撃--2015年の脅威予測(マカフィー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

マカフィー株式会社は12月10日、2014年第3四半期の脅威レポートを発表した。レポートには2015年の脅威予測も含まれている。キートピックには、「BERserk:接続の信頼性に大きな打撃となる脆弱性」「信用の悪用:狙われるオンライン セキュリティの弱点」の2つを挙げている。Intel Security高度脅威研究チーム9月、RSA署名検証で基本符号化規則(BER)に準拠したシーケンスの解析部分に存在する「BERserk」という脆弱性の詳細を報告した。この脆弱性により、RSA秘密鍵を知らなくてもRSA証明書を偽造できる可能性がある。

「信用の悪用:狙われるオンライン セキュリティの弱点」では、企業がすでに持っている信用を悪用する方法を攻撃者が探し始めたことを取り上げている。。9月に「Kyle and Stan」という不正な広告ネットワークがAmazon.com、ads.yahoo.com、youtube.comなど人気のあるサイトで不正な広告を配信した。Double-ClickやZedoなどの大手広告ネットワークでも同様の広告が掲載された。ブランドを信用して広告をクリックし、トロイの木馬に感染する例として紹介している。

McAfee Labsが予測する2015年の脅威は以下の通り。
1:サイバー戦争とサイバースパイ活動の増加
2:IoTへの攻撃の頻度、収益性、重要性の拡大
3:プライバシーに関する議論の活発化
4:ランサムウェアがクラウドに本格的に進出
5:新たなモバイル攻撃対象と能力
6:POS攻撃の増加とデジタル決済に伴うサイバー攻撃の進化
7:Shellshockにより引き起こされるUnix、Linux攻撃
8:ソフトウェアの欠陥を悪用する攻撃の増加
9:サンドボックスに対する新たな回避策
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

    狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

  4. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  5. 産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー)

  6. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、需要のピークは2019年か(富士経済)

  7. PCのWebカメラで覗き見される脅威は知りつつも、物理的対策は4割に満たず(Avast)

  8. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  9. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  10. IT予算に占める情報セキュリティ予算、割合は増加するも金額は減少(カスペルスキー)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×