医療従事者の22%が二次感染と疑われる感染性胃腸炎にかかった経験(森永乳業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

医療従事者の22%が二次感染と疑われる感染性胃腸炎にかかった経験(森永乳業)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 内科・小児科で勤務している医療従事者の3割以上が、ノロウイルスと思われる感染性胃腸炎に感染した経験があり、5人に1人が二次感染と疑われる感染性胃腸炎を患っていたことがわかった。

 調査は森永乳業が、ノロウイルスに関する実態と予防の意識を明らかにするために、全国の内科・小児科に勤務する医療従事者100名を対象として11月8日にインターネットで行われた。

 過去にノロウイルスと思われる感染性胃腸炎にかかったことがあると回答した医療従事者は37.0%で3人に1人よりも多かった。

 そのうち二次感染と疑われることがある人は59.5%で、医療従事者のうち22%が二次感染と疑われる感染性胃腸炎にかかった経験があった。

 家庭で「ノロウイルス対策をしている」と回答したのは42.0%。行っている対策については、「毎日の石けんを使った手洗い」を実践しているが95.2%だった。予防対策で半数を超えた意見は、順に「バランスの取れた食事」59.5%、「食品の十分な加熱」57.1%、「十分な睡眠」52.4%、「次亜塩素酸の常備」50.0%となった。

 「次亜塩素酸の常備」や、その他の「周辺のノロウイルス発生状況を把握している」40.5%、「嘔吐物の処理セットを持っている」2.4%といった回答は医療従事者らしい対策の取り方と言えそうだが、手洗い・食事・睡眠といった基本的な生活習慣をしっかり行うことが感染症への有効な対策になると医療従事者は考えているようだ。

医療従事者の3割がノロウイルスに感染、予防方法は「毎日の手洗い」

《勝田 綾@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

    狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

  4. PCのWebカメラで覗き見される脅威は知りつつも、物理的対策は4割に満たず(Avast)

  5. 産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー)

  6. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、需要のピークは2019年か(富士経済)

  7. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  8. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  9. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  10. 文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」策定のポイント(ALSI)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×