日本のセキュリティの希望の灯~CODE BLUE 篠田氏、カスペルスキー 川合氏対談 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.23(木)

日本のセキュリティの希望の灯~CODE BLUE 篠田氏、カスペルスキー 川合氏対談

特集 特集

日本発の国際セキュリティカンファレンス CODE BLUE は、2014年2月に第1回を開催、400名超という、同種の有料カンファレンスとしては、これまでにない成功を収めた。アジアを代表するカンファレンスへの成長が期待される CODE BLUE の可能性について、スポンサーとして運営をバックアップする企業にインタビューを行った。CODE BLUE 事務局の篠田佳奈氏(以下敬称略)と、株式会社カスペルスキーの川合林太郎氏(以下敬称略)に話を聞いた。


――カンファレンスやイベントは、そこで発表される講演の内容が紹介されることが多いんですが、それを運営する側からセキュリティコミュニティを考えるという趣旨で、お話を聞きに参りました。カスペルスキーは、CODE BLUE の第1回と第2回双方、エメラルドスポンサーとして開催を支援していますが、CODE BLUE にどんなことを期待しているのでしょう。

川合
「がんばれ」という冷たい言葉ではなく「がんばろう」と言いたくて協力しています。ベンダーニュートラルで、幅広い最新の知見が交換できるカンファレンスは、日本には今 CODE BLUE しかないと思います。セキュリティに携わっている人の「希望の灯」を消してはいけないと思っています。第1回のような高い水準のカンファレンスを今後も維持、向上させてほしいと思っています。もっとも、弊社は CODE BLUEに口出しするつもりは一切ありません。お金は出して口は出さない、いいスポンサーを目指しています(笑)。

篠田
CODE BLUE をはじめてから、いろいろな方に、日本のセキュリティを明るく盛り上げてくださいと言葉をいただいていて、みなさまの熱い期待に気が引き締まる思いです。

――今年日本法人設立から10周年を迎えたカスペルスキーはどんな会社でしょうか。

川合
カスペルスキーは、「Save the World from IT Threats. (以下、Save the World)」という社のスローガンを本気で実現させようとしている少し変わった会社です。利益よりも、「Save the World」という目的の方が優先されることもあります。インターネットが犯罪のインフラになったり、国家間の戦争がサイバー空間で行われる危惧があるなどの現在の状況を、カスペルスキー社の取締役会長兼CEOの ユージン・カスペルスキーは会社を設立した 1997 年の時点で、「そういう世界に必ずなる」と予見していました。ユージンは本気で「世界を守る」と言っています。そんなユージンに賛同した人達やトップアナリストが入ってきて、盛り上げてきた会社です。

川合
「Save the World」のミッションを達成するためには、3つの課題があると思っています。ひとつは、「高い水準の技術の維持」です。攻撃者から実際に守る技術を常に高い水準で、後追いでなく攻撃を先回りするような技術開発に注力し、それを維持することです。ふたつ目が「サイバー犯罪対策への協力」です。CODE BLUE への支援もここに含まれますが、他には、インターポール(国際刑事警察機構)に無償で人を派遣したり、マルウェアの解析ツールを提供したりしています。また、インターポール加盟国の警察組織向けにトレーニングや教材・資料を提供しています。最後の3番目の課題が「ユーザの信頼を勝ち取ること」です。

川合
カスペルスキーは非公開会社なので、株主に遠慮する必要もありません。カスペルスキーは、インターポールへの協力など、利益にはならない活動を積極的にやっていますが、そういった場所でも、バイアスのかからない正論を展開しています。

篠田
カスペルスキーには、ロシアの風を日本にどんどん入れて欲しいと思っています。私は、ロシアの人達はインターネットを決して甘く見ていない、怖いものとして捉えていると思っているんです。これは、米国と全くスタンスが違う気がします。米国はインターネットをコントローラブルなものとして捉えていますが、ロシアの人はインターネットをアンコントローラブルなものとして、怖いものが迫っているという感覚で話をされる気がします。文化の背景もあるでしょうけど、そういう世界の風を日本のインターネットの世界に吹き込んで欲しいと思っています。

川合
サイバー犯罪の攻撃者が世界でも多いのがロシア、中国、南米です。そういう国で何が起きているか、日本はもっと知るべきですね。日本はセキュリティの人材が圧倒的に足りないと言われており、必要な人材を揃えるには数十年かかるという話も聞きます。こうした側面から、脅威を防ぐ側の人材育成をまずは日本でやらなければなりません。しかし、ハッカージャパン誌が休刊になったり、日本で BlackHat が開催されなくなるなど、セキュリティ系のカンファレンスや情報交換の場がどんどん減っています。そこに CODE BLUE が立ち上がってくれたと思います。ITセキュリティに携わることがあこがれの職業になって欲しいですね。スバ抜けた人、とんがった人はカスペルスキーに来て、自由にやって欲しいと思います。

篠田
ロックなカスペルスキーですね。ぜひ今後もそれでいて欲しいです。

――ありがとうございました。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  7. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  10. ISMS認証とは何か■第1回■

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×