Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第1回「ジュリアン・アサンジとウィキリークス」 | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第1回「ジュリアン・アサンジとウィキリークス」

アサンジは2006年末に、リーク情報を収集、発表するサイト「ウィキリークス」を立ち上げる。ウィキリークスの特徴は、高度な暗号技術によってリーク情報提供者の情報を匿名化することにあり、これによってウィキリークスに安心して情報を提供する者が現れた。

特集 特集
本連載は、社会的に影響を与えたいわゆる「ハッカー」に焦点を当て、毎回一人のハッカーについて論じるものである。ハッカーには「コンピュータを悪用した犯罪者」というイメージが強いが、本連載におけるハッカーとは、コンピュータに詳しく、自らの知識と努力によって、コンピュータやインターネットを通して社会的に大きく影響を与えた人物について述べるものである。したがって、結果的に犯罪行為とみなされる行為をした者であれ、現在のネット環境のインフラ整備をした者であれ、本連載では広く「ハッカー」と呼ぶことを最初にお断りしておく。

第一回は、アメリカの外交公電をリークしたことで一躍世界中で有名になった、ジュリアン・アサンジについてみてみよう…

(塚越健司)

プロフィール
1984年生まれ。学習院大学非常勤講師。
専攻は情報社会学、社会哲学。
著書に『ハクティビズムとは何か』『「統治」を創造する(編著)』『日本人が知らないウィキリークス(共著)』
《塚越健司》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×