Dropboxユーザーの700万件以上のアカウント情報が流出(Dropbox) | ScanNetSecurity
2022.10.07(金)

Dropboxユーザーの700万件以上のアカウント情報が流出(Dropbox)

「Dropboxユーザーのアカウント情報をハックした」と言って、700万件以上のIDやパスワード等個人情報を載せているサイトがインターネット上で見つかったという事件。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
「Dropboxユーザーのアカウント情報をハックした」と言って、700万件以上のIDやパスワード等個人情報を載せているサイトがインターネット上で見つかったという事件。

最近、個人情報やプライベート写真などの流出が多発しているが、アメリカに本社を置くDropboxは今回の事件に関して流出源は自社ではないと公式ブログで発表している。

流出した個人データは、世界中のユーザーで日本人のデータも含まれているもよう。

ネットでは、クラウドサービスについての安全性を課題視。

「大手ですら…。だからクラウドは使わない。」
「真偽のほどは定かではないけれど、こういうことがあるので私は重要ファイルはクラウドサービスには保存しません」
「最初から信用してない」
「パスワード、変えましょ。」

などの声があがっている。

Dropboxユーザーの個人情報流出、被害件数700万件…クラウドサービスの安全性を課題視する声

《nanakichi@CycleStyle》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×