約3,504万件分の情報が名簿業者3社に売却、クレジットカード情報の流出は確認されず(ベネッセ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

約3,504万件分の情報が名簿業者3社に売却、クレジットカード情報の流出は確認されず(ベネッセ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 ベネッセは9月10日に記者会見を行い、7月に公表した顧客情報漏えいに関する事実関係の調査分析および改善策の報告を行った。報告によると、約3,504万件分の情報が名簿業者3社に売却されていたことが明らかになった。

 ベネッセの発表によると、売却された約3,504万件分の情報のうち、実際に被害を受けた顧客数は約2,895万件と推計されている。また、漏えいした情報は、サービス登録者の名前、性別、生年月日のほか、郵便番号、住所、電話・FAX番号、出産予定日(一部のサービスご利用者のみ)、メールアドレス(部のサービスご利用者のみ)。クレジットカード情報が売却された事実は確認されていないようだ。

 今後の対応として、名簿業者3社に個人情報が漏えいしていることが確認できた顧客に対し、お詫びと報告の手紙を順次送付すると発表。すべての手紙の到着が完了するのは10月下旬になる見通しで、お詫びの品は500円分の金券(電子マネーギフトまたは全国共通カード)に決定した。

 そのほか、金券以外のお詫びの形として財団法人「ベネッセこども基金」を設立すると発表。子どもたちが安心して学習に取り組むための環境確保などを目的とし、活動・助成を行っていくという。

ベネッセの情報漏えい経緯報告、約3,504万件が名簿業者3社に流出

《編集部@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

    「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

  2. 不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

    不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

  3. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

    「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  4. 「はるか夢の址」アップロード者およびサイト運営者ら9名を逮捕(ACCS)

  5. カード情報を含む約3,300名分の個人情報を紛失(NHK)

  6. オークション目的で複製データをアップロード、またも「スピードラーニング」(ACCS)

  7. 「Windows 7」や「Office」海賊版を「リカバリーディスク」と説明し販売(ACCS)

  8. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  9. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  10. 電子書籍アプリ「BOOK☆WALKER for Windows/Mac」に複数の脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×