スノーデンが語るNSAのMonsterMindの恐怖、サイバー戦争を引き起こす可能性 プラス:シリアのインターネットがダウンしている?それは米国の失態だ(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

スノーデンが語るNSAのMonsterMindの恐怖、サイバー戦争を引き起こす可能性 プラス:シリアのインターネットがダウンしている?それは米国の失態だ(The Register)

スノーデンのインタービューでは、2012年のシリアにおける不可思議なインターネットアクセスの遮断についても、興味深い情報が断片的に明かされた。スノーデンによれば、この混乱はシリア政府が活動家のTwitterのフィードを遮断したことが原因ではない。

国際
騒動を引き起こしたNSA(国家安全保障局)のシステム管理者エドワード・スノーデンが語ったところでは、彼のかつての雇用主は、脅威とみなした海外のコンピュータを自動的に、つまりまずは人間に知らせることなく、攻撃を行うソフトウェアを開発していた、とのことだ。

そのシステムはMonsterMindと呼ばれ、米国の重要なサーバへの攻撃を可能な限り迅速に検知し、その攻撃を食い止めるべく設計されている。さらに、明示的な許可を与える者がいなくても、検出した攻撃者を無力化するために反撃するようにも設計されている。

MonsterMindが正規の標的のみをハッキングするべく、米国のスパイらが設計していると考える者もいるだろう。しかしスノーデンの述べるところでは、米国のサーバへの一斉射撃はしばしば他国を経由しており、MonsterMindの標的システムが欺かれる可能性があるということだ。
《Images & Words, Inc.》

編集部おすすめの記事

特集

エドワード・スノーデン

Scan バックナンバー・サルベージ・プロジェクト

国際 アクセスランキング

  1. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

    訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  2. 日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

    日本の警察、Android 用マルウェア配布でポーカープレイヤーの IT 社長を逮捕~そのアプリは「救いようのない間抜け」をターゲットにしていた(The Register)

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register)

  5. マレーシア航空 370 便の謎:The Register の独自ガイド~あなたの考察の材料となる、いくつかの技術的視点(その 2)(The Register)

  6. 範を示す ~ MITRE がサイバー攻撃被害公表

  7. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  8. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  9. 中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護〜China’s Virus Center Protects Public Security〜

  10. CrowdStrike Blog:APT 攻撃に立ち向かう~世界のサイバー攻撃者リスト

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×