クレジットカードの情報を盗む新たなAndroid向けトロイの木馬を確認(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

クレジットカードの情報を盗む新たなAndroid向けトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は7月29日、Google Play上で使用されるクレジットカードの情報を盗む新たなトロイの木馬が確認されたとして、Androidユーザに対し警告を発表した。「Android.BankBot.21.origin」としてDr.Webウイルスデータベースに追加されたこのマルウェアは、Flash Playerを装って拡散され、バンクアカウントの情報を入力するようユーザを誘導します。その結果、犯罪者はそのアカウントから金銭を盗むことが可能になる。

インストールされた後に起動されると、このトロイの木馬は管理者権限の取得を試みる。該当する要求画面が0.1秒ごとに表示され、ユーザはそれらを止めるために権限を与えざるを得なくなる。こうして、このマルウェアは削除される危険性から自身を保護する。また、クレジットカード情報を盗むためにGoogle Playアプリケーションウィンドウがアクティブであるかどうかを確認し、アクティブだった場合は、標準的なクレジットカード情報の入力フォームを表示させ、入力された情報は犯罪者のサーバへ送信される。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×