Linux Kernelのユーザ名前空間機能に起因する権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

Linux Kernelのユーザ名前空間機能に起因する権限昇格の脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.概要
Linux Kernel 3.8には、ユーザ名前空間(User Namespace)機能に関連する箇所においてグループID(GID)のチェックが欠落している不備により、任意のGIDを取得可能な脆弱性が報告されました。ローカルの悪意あるユーザに利用された場合、本来許可されていないGIDを取得されて任意の操作が実行される可能性があります。
本脆弱性の悪用は容易であると考えられ、環境次第では深刻な影響を受ける可能性があるため、対象のユーザは速やかに以下の対策を実施することを推奨します。


2.深刻度(CVSS)
7.2
http://nvd.nist.gov/cvss.cfm?version=2&name=CVE-2014-4014&vector=(AV:L/AC:L/AU:N/C:C/I:C/A:C)


3.影響を受けるソフトウェア
Linux Kernel 3.14.8 未満

※1 影響を受けるLinux Kernelのバージョンでユーザ名前空間を実装する多くのLinuxディストリビューションがこの脆弱性の影響を受けます。


4.解説
Linux Kernel 3.8より実装されたユーザ名前空間(User Namespace)機能はUID,GIDの空間を名前空間ごとに独立して持たせる機能を提供します。この機能により、ユーザに名前空間の中と外で異なるユーザID(UID),グループID(GID)を持たせることができます。例えば特定のユーザに対してホストOS上とコンテナ内でそれぞれ異なるUID,GIDのマッピングを行い、ユーザに異なる権限を持たせた環境を提供することができます。

chmodでsetgidビットを設定するような際、このマッピングされた権限のチェックにおいて使用されるinode_capable()関数でGIDのチェックが行われていないため、任意のGIDを取得可能な脆弱性が存在します。

このため、例えば自身が所有する特定ファイルにグループ権限がrootに付与されている(GID root)ような特定の状況下においてこの脆弱性を利用することで、ローカルの攻撃者はGID rootの権限で任意の操作が可能となり、結果としてroot権限を取得される可能性があります。


5.対策
以下の Web サイトより Linux Kernel 3.14.8 以降を入手しカーネルをアップデートすることで、この脆弱性を解消することが可能です。

https://www.kernel.org

また、Linux ディストリビューションにおいては、それぞれのベンダが提供するセキュリティアドバイザリを参考に、適切なパッケージを入手しアップデートすることで、この脆弱性を解消することが可能です。


6.ソースコード
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー・グリッド研究所

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

    ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

  3. 「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

  4. Savitech製USBオーディオドライバに、ルートCA証明書を導入される脆弱性(JVN)

  5. GNU wget に HTTP プロトコルのハンドリングにおける値検証不備に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  6. アップルがSafari、macOS、iOSなどのアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

  7. トレンドマイクロの管理マネージャに複数の脆弱性(JVN)

  8. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  9. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  10. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×