「mixi」にリスト型アカウントハッキング、現時点で課金やポイントの不正利用は確認されず(ミクシィ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「mixi」にリスト型アカウントハッキング、現時点で課金やポイントの不正利用は確認されず(ミクシィ)

脆弱性と脅威 脅威動向

 ミクシィは17日、ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)「mixi」において、不正ログイン被害が発生したことを公表した。

 この不正ログインについては、数日前から該当者にのみ連絡がされており、詳細は未公表となっていた。ミクシィでは今回、外部からのアタックが継続しており、対象者が拡大していることから、現時点で判明している事実を公表するに至ったとしている。

 それによると、5月30日に疑わしいIPからの外部アタックが発生。6月2日にユーザーからの問い合わせを受け詳細な調査を行った結果、不正ログインが確認されたとのこと。不正ログインを受けたID数は6月16日24時時点で、263,596アカウント。不正ログインは約430万回試行されていたという。

 そのため、不正ログイン対象ユーザーのうち1か月以内にmixiにログインしているユーザー(7万8,058アカウント)には、mixiメッセージでパスワードの変更を依頼。不正ログイン対象ユーザーのうち1か月以内にmixiログインしていないユーザー(16万7,617アカウント)のログインを一時停止した。

 今回の不正ログインは、他社サービスから流出または不正取得されたアカウント情報を流用した「リスト型アカウントハッキング」と見られている。現時点では、課金やmixiポイントの不正利用は確認されていないとのこと。

SNS「mixi」、不正ログインの現状を公表……26万アカウントが被害

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×