指静脈情報を活用した電子決済向け生体署名システムを試作(日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

指静脈情報を活用した電子決済向け生体署名システムを試作(日立)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立製作所(日立)は6月9日、電子決済向け生体署名システムの試作に成功したと発表した。本システムは、生体情報を秘密鍵として用いる電子署名技術(生体署名技術)を指静脈認証装置に適用したもので、パスワードやICカードを使わずに指静脈情報のみに基づいて決済を可能にする。試作システムでは、指静脈情報そのものが秘密鍵となるため、従来厳密な管理が必要であった秘密鍵をユーザ側で保存する必要がない。

また、システムに登録するデータ(公開鍵)から指静脈情報を復元することはできないため、生体情報の漏えいや偽造を防ぐ。これにより、オンラインでのクレジット決済や銀行決済において、電子署名技術に基づくより便利で確実な本人認証を可能にする。本システムでは、生体情報など、さまざまな揺らぎのパターンを持つ任意のデータを、L∞距離空間の上で表現される特徴データへと変換する、数学的変換の理論の開発、および指静脈画像特有の揺らぎについての統計的な性質に関する知見の蓄積をこの数学的変換に反映させることで、揺らぎをより小さく抑えることに成功している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×