交通信号の脆弱性が「ミニミニ大作戦」風のハッキングの可能性を広げる~血まみれのドアが吹き飛ぶのは構わないが、ラッシュアワーの大混乱は?(The Register) | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

交通信号の脆弱性が「ミニミニ大作戦」風のハッキングの可能性を広げる~血まみれのドアが吹き飛ぶのは構わないが、ラッシュアワーの大混乱は?(The Register)

「私が発見した脆弱性は、100 ドル以下の安価なハードウェアでプログラミングしたシンプルなエクスプロイトを開始することで、基本的に誰でもデバイスの完全な制御を得て、虚偽のデータを交通管制システムに送ることができるものだ」

国際 TheRegister
交通管制システムに、数々の憂慮される欠陥が発見された。この欠陥により、ハッカーたちは、まるで懐かしの英国映画「ミニミニ大作戦」で Michael Caine が演じた愛すべき無法者のように、交通に混沌をもたらすことができるかもしれない。

組み込み型セキュリティのエキスパートである IOActive Labs の CTO、Cesar Cerrudo は、世界中(米国、英国、フランス、豪州、中国、その他)の街々の交通管制システムが、エクスプロイトに対して脆弱であることを発見した。

彼が発見した脆弱性には、カオス的ともなりえる影響をもたらす目的で、誰もがデバイスを完全に制御できる可能性がある。Cerrudo によると、ハッキングされる可能性のある交通制御装置は 50,000 台以上存在しているという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×