ハッカーのことなど忘れろ――情報セキュリティ機関「それより恐ろしいのは嵐や混乱状態だ」~原因は悪意より大雪、EU の研究で明らかに(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

ハッカーのことなど忘れろ――情報セキュリティ機関「それより恐ろしいのは嵐や混乱状態だ」~原因は悪意より大雪、EU の研究で明らかに(The Register)

電力供給の問題は、悪意によって引き起こされる活動と比較してはるかに深刻だった。また一般的に、ヒューマンエラーによる問題の解決には、悪意ある攻撃で発生した問題の解決より、はるかに長い時間がかかっている。

国際 TheRegister
通信ネットワークに引き起こされる問題は、サイバー攻撃を起因とするものよりも、攻撃とは関係のないシステム障害や自然災害を起因とするもののほうが多いということが、EU のセキュリティ機関による研究で明らかになった。

The European Union Agency for Network and Information Security(欧州ネットワーク情報セキュリティ庁、ENISA)は、動作不能状態の平均的な継続時間について、それがサイバー攻撃に起因する場合は 4 時間であるのに対し、自然――主に嵐や豪雪――に起因する場合は 36 時間にも渡ると報告している。

サイバー攻撃によって引き起こされる、あるいは部分的に引き起こされるインシデントの数は、インシデントの全体数の 8 %であることが判明し…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×