Internet Explorer の脆弱性の回避策を手順とともに公開(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Internet Explorer の脆弱性の回避策を手順とともに公開(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、Internet Explorer の脆弱性の回避策について同社ブログにまとめている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は4月30日、Internet Explorer の脆弱性の回避策について同社ブログにまとめている。この脆弱性は、セキュリティ アドバイザリ 2963983「Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される」で説明されているもの。個人ユーザに対しては、まず使用しているWindowsが32ビット版か64ビット版かを確認し、バージョンに合わせてVMLの無効化や拡張保護モードの有効化を行う。

企業ユーザに対しては、Windows Vista / Windows Server 2003 / Windows Server 2008を使用している場合は「EMET」の導入を検討する。これが難しい場合はVMLの無効化を実施する。これは32ビット版のWindows 7以降のOSでも同様となる。64ビット版の Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以降を使用している場合は、拡張保護モードを有効にする。ブログでは、VMLの無効化や拡張保護モードの有効化の手順や、EMETの導入方法についても紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×