Internet Explorer の脆弱性の回避策を手順とともに公開(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

Internet Explorer の脆弱性の回避策を手順とともに公開(日本マイクロソフト)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

日本マイクロソフト株式会社は4月30日、Internet Explorer の脆弱性の回避策について同社ブログにまとめている。この脆弱性は、セキュリティ アドバイザリ 2963983「Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される」で説明されているもの。個人ユーザに対しては、まず使用しているWindowsが32ビット版か64ビット版かを確認し、バージョンに合わせてVMLの無効化や拡張保護モードの有効化を行う。

企業ユーザに対しては、Windows Vista / Windows Server 2003 / Windows Server 2008を使用している場合は「EMET」の導入を検討する。これが難しい場合はVMLの無効化を実施する。これは32ビット版のWindows 7以降のOSでも同様となる。64ビット版の Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以降を使用している場合は、拡張保護モードを有効にする。ブログでは、VMLの無効化や拡張保護モードの有効化の手順や、EMETの導入方法についても紹介している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×