ソフトの不正コピー使用で通常価格を超える金額で和解(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

ソフトの不正コピー使用で通常価格を超える金額で和解(ACCS)

ACCSは、不正コピーが発覚した医療機関とACCS会員において和解が成立したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は4月22日、不正コピーが発覚した医療機関とACCS会員において和解が成立したと発表した。これは、山梨県内の医療機関において、会員企業(マイクロソフトコーポレーション、ファイルメーカー株式会社、株式会社モーリン)が著作権を有するソフトウェア411本を不正にインストールしていたことが発覚したもの。和解交渉の結果、損害賠償金として、対象ソフトウェアの通常価格を超える金額である約2,500万円を支払うこと等を内容とする和解が2014年4月17日に成立したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×