製品の連携により「通常起こりえない通信」を検出(アイ・オー・データ、セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

製品の連携により「通常起こりえない通信」を検出(アイ・オー・データ、セキュリティフライデー)

アイ・オー・データとセキュリティフライデーは、両社のアプライアンスプラットフォーム、ミラーリング専用ボックスとファイルサーバのアクセスログ取得ソフトの相互検証を行ったと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイ・オー・データ機器(アイ・オー・データ)とアズビル セキュリティフライデー株式会社(セキュリティフライデー)は4月9日、両社のアプライアンスプラットフォーム、ミラーリング専用ボックスとファイルサーバのアクセスログ取得ソフトの相互検証を行ったと発表した。

これは、セキュリティフライデーのファイルサーバアクセスログ取得ソフト「VISUACT」の動作検証を、アイ・オー・データのアプライアンスプラットフォーム(特定用途向けプラットフォーム)商品「HDL-Z2WEシリーズ」、およびミラーリング専用ボックス「BX-MR1」にて実施、相互接続性を公式認定したというもの。これにより、サーバが発信元となるアクセスや、クライアント間のアクセスなど、正常な運用では起こりえない通信をログで検出し、メルウェアに感染した可能性のあるPCを特定することが可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×