「OpenSSL」のHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)を検証(GSX) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

「OpenSSL」のHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)を検証(GSX)

GSXのタイガーチームは、「OpenSSL」のHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)についての検証結果を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)のタイガーチームは4月10日、「OpenSSL」のHeartbleed脆弱性(CVE-2014-0160)についての検証結果を発表した。本脆弱性は、OpenSSLのHearbeat実装(HTTPでいうところのkeep-alive)におけるread overrunの脆弱性で、誰でも簡単にexploit可能で攻撃の痕跡がほとんど残らないことが特徴。対象となるのは1.0.1f以前の1.0.1系OpenSSLとなる。

Heartbleed脆弱性を利用すると、heap上の任意のデータが漏えいする可能性がある。heap上のデータにはSSL/TLSの秘密鍵や、送受信した(平文の)データなどが含まれる。脆弱なOpenSSLを使用したサービスを公開していた場合、ログに残っていなくても秘密鍵やパスワード等の重要情報が漏えいしている可能性がある。脆弱性の原因は、非常に単純な境界チェック漏れ。heartbeatリクエストのペイロード長フィールドに実際に送信しているペイロード長よりも大きな値を設定して送信するとバッファ上のペイロードがないメモリ領域まで読み込んでheartbeatレスポンスで送り返してしまう。

本脆弱性のexploitコードはすでに公開されており、このコードはペイロード長フィールドを0x4000に設定し、実際にはペイロードがないHeartbeatリクエストを送信する。実行の結果、0x4000バイトのデータを読み出すことができた。また、Heartbeatリクエストのペイロード長を0x4000から0xffffに変更し、読み込めるレコードがなくなるまで読み続けるように修正した結果、合計約0x10000バイトのデータを読み出すことに成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×