米小売チェーンの大規模情報漏えい事故、ハリウッド映画で再現か | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

米小売チェーンの大規模情報漏えい事故、ハリウッド映画で再現か

国際 海外情報

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが、セキュリティ専門家ブライアン・クレブス氏を題材とした映画の製作を計画していると、StarTribune、Hollywood Reporter などの複数の米メディアが報じている。作品中では2013年末に発生した米ディスカウントストアチェーン Target の大規模なセキュリティ侵害事件に関するシーンも再現されるものと見られている。

全米で 2 番目の規模を誇るディスカウントマーケットチェーン Target Corporationは、2013 年 11 月 27 日から 12 月 15 日のクリスマス商戦期、同社の POS システムにマルウェアの侵害を受け、4,000 万件以上のクレジットカード情報と、少なくとも 7,000 万人以上の顧客の個人情報を漏えいした。小売店の情報漏えい事件として前代未聞の規模。

クレブス氏は、この事件を自身のブログで最初に報道した人物として脚光を浴び、New York Times 誌は 2014 年 2 月、サイバーセキュリティジャーナリストとして独自の活動を続けてきた彼と、その体験談を紹介した特集記事「Reporting From the Web's Underbelly」を掲載した。ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、この記事の映画化を目論んでいる。

各方面からのバッシングを受けながらも、顧客の信頼回復に全力を注いでいる Target にとっては手痛い話となりそうだ。

この映画化の計画に関し、クレブス氏は自身のブログで「非常に驚いている」「まだソニーと詳細を詰めてはいないが、もしも主演男優の選択に関わることができたなら嬉しい」「大好きな俳優を1人だけ指名するなら、是非エドワード・ノートンに」と語っている。

なお、この映画化計画に関する Target からのコメントは発表されていない。
《江添佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×