全世界におけるAndroid OSのバージョン別シェアを発表、Jelly Beanが6割を超える(Android Developers) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

全世界におけるAndroid OSのバージョン別シェアを発表、Jelly Beanが6割を超える(Android Developers)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 Android Developersは4日(現地時間)、全世界におけるAndroid OSのバージョン別シェアを発表した。リリースから3ヵ月経ったAndroid 4.4 KitKatはわずか2.5%で、6割を超えるなど相変わらずJelly Beanが強いことがわかった。データは直近の7日間に実際にGoogle Playストアへアクセスした数。

 シェアは上位からJelly Bean(4.1x-4.3)が62.0%でトップ。2位がGingerbread(2.3.3-2.3.7)19.0%、3位がIce Cream Sandwich(4.0.3-4.0.4)15.2%、KitKat(4.4)2.5%と続く。Jelly Bean中では4.1.xが35.3%、4.2.xが17.1%、4.3が9.6%と、古いバージョンの方が高い結果となった。

 Androidのバージョンコードネームはアルファベット順に菓子の名前から取られており、Donut(1.6)、Eclair(2.1)、Froyo(2.2)、Gingerbread、Honeycomb(3.2)、Ice Cream Sandwich、Jelly Bean、KitKatとなっている。「GALAXY」(サムスン製)「Xperia」(ソニーモバイル製)といった人気機種にまだAndroid 4.4 KitKat搭載機種が少ないことも原因だろうが、KitKatの少なさが目立つ。また、世界ではまだGingerbread端末が多いことなどもうかがえる。

Android OSのバージョン別シェア、4.4 KitKatはわずか2.5%

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×