SSOアプライアンスの新版を発表、柔軟性や拡張性など向上(ソリトン) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

SSOアプライアンスの新版を発表、柔軟性や拡張性など向上(ソリトン)

ソリトンシステムズは、透過型シングルサインオンアプライアンスの新版「Smart eGate V1.2」を開発し、2月17日より出荷を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ソリトンシステムズは2月7日、透過型シングルサインオン(SSO)アプライアンスの新版「Smart eGate V1.2」を開発し、2月17日より出荷を開始すると発表した。本製品は、スマートデバイス、PCなどあらゆる端末から、Webブラウザ種別やクラウド/オンプレミスに関係なく、さまざまなWebサイトに透過的なシングルサインオンを実現するアプライアンス。新版では、シングルサインオン時の認証で、ID/パスワードの入力以外に電子証明書の利用も可能になり、端末の接続元ネットワークに応じた認証スキームの変更も可能になった。

同じ端末からのアクセスでも、社内では電子証明書のみ、インターネットVPN経由でアクセスする場合には、証明書に加えてID/パスワードの組み合わせを要求するなど、必要に応じてセキュリティレベルを高めることができる。また、従来までの透過型(ブリッジ)に加え、シングルIP構成による透過型(フォワード)での設置も可能となり、環境に応じ柔軟な機器設置が可能になった。さらに「プロキシ機能」と「データベース機能」の分割機能により拡張機能を向上したほか、中間CA証明書への対応なども行っている。価格はSmart eGate本体が360万円から。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×