Webページの前面に表示される「Flash Player」更新画面に注意(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

Webページの前面に表示される「Flash Player」更新画面に注意(警察庁)

警察庁は、「偽ソフトウェアのインストールを誘うWebサイト改ざん事案の認知等について」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は1月24日、「偽ソフトウェアのインストールを誘うWebサイト改ざん事案の認知等について」を発表した。同庁では2013年5月以降、Web改ざんの多発と改ざんされたWebサイトの閲覧によるマルウェア感染の危険性について注意喚起を行ってきたが、2014年1月以降は従来の改ざんに加えて新たな形態の改ざんが増加し始めていることを認知した。新たな形態の改ざんでは、改ざんされたWebサイトにアクセスすると、Webページの前面に偽の「Adobe Flash Player」のインストールあるいはアップデート画面が表示される。

これは、サイトの閲覧にFlash Playerのインストールまたはアップデートが必要であり、同画面からこれらが実施できると誤信させるもの。ユーザが画面上の「DOWNLOAD」などのリンクをクリックすると実行ファイルがダウンロードされ、これを実行するとマルウェアに感染する可能性がある。同庁では、従来の形態の改ざんも増加に転じており、2014年1月には2013年の11月および12月と比較して4倍以上のペースで発生していることを認知している。同庁ではインターネット利用者およびサイト管理者に対して対策を提示し、注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×