口座開設などの本人確認書が紛失、誤廃棄の可能性(JAさが) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

口座開設などの本人確認書が紛失、誤廃棄の可能性(JAさが)

JAさがは、同組合中部地区鍋島支所において個人情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
佐賀県農業協同組合(JAさが)は1月10日、同組合中部地区鍋島支所において個人情報が記載された書類を紛失したことが判明したと発表した。これは2013年11月、同支所において旧医大前支所の貯金者にかかる本人確認書を確認しようとしたところ、確認することができなかったというもの。同支所内をくまなく捜索したが発見できず、旧医大前支所の本人確認書綴り(平成15年1月から平成24年3月までの2冊)が紛失していることが判明した。

紛失した書類は、口座開設等にかかる本人確認書(最大で372件)で、この書類には氏名、住所、生年月日、性別、電話番号などが記載されていた。なお同組合では、旧医大前支所の閉鎖に伴って書類を鍋島支所に移管する際、誤って書類を廃棄した可能性が高いとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×