乱数生成アルゴリズムの使用停止など3つの脆弱性を公開(HIRT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

乱数生成アルゴリズムの使用停止など3つの脆弱性を公開(HIRT)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日立製作所ソフトウェア事業部は1月17日、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」においてセキュリティ情報を公開した。新たに公開された情報は、「HS14-001:Hitachi Device Manager Softwareに同梱されているHost Data CollectorにてCPUを不当に占有する問題」「HS14-002:Cosminexus Developer's Kit for Javaにおける乱数生成アルゴリズムの問題」「HS14-003:Cosminexus HTTP Server、Hitachi Web Serverにおける乱数生成アルゴリズムの問題」の3つ。

「HS14-001」では、Host Data Collectorにおいて悪意のあるユーザからHost Data Collectorが使用するポートに不正なリクエストを受信した場合に、Host Data Collectorのプロセスが不当にCPUを占有する問題が発生する可能性があるというもの。同社では対策版を提供するほか、暫定回避策を公開している。「HS14-002」および「HS14-003」は、乱数生成アルゴリズムについてNIST(米国国立標準技術研究所)からの勧告があったもので、当該乱数生成アルゴリズムを使用しないようにするというもの。現在、対策版を準備中としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×