児童の個人情報を、禁止されている個人所有USBメモリに保存し紛失(大阪市) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

児童の個人情報を、禁止されている個人所有USBメモリに保存し紛失(大阪市)

大阪府大阪市は、同市立小学校の30歳代の教員が、禁じられているにもかかわらず私物のUSBメモリに個人情報を入れて使用し、紛失していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪府大阪市は12月5日、同市立小学校の30歳代の教員が、禁じられているにもかかわらず私物のUSBメモリに個人情報を入れて使用し、紛失していたことが判明したと発表した。紛失したUSBメモリは2本で、11月15日18時頃、当該教員が職員室のPCで使用し、このうち1本は22日にもパソコン教室で使用した。同日、当該教員は私物のUSBメモリ5本を巾着袋に入れた状態で自宅に持ち帰り、25日にそのままの状態で学校に持参した。同日の放課後、個人情報の入った2本の紛失に気づいたという。

紛失した私物のUSBメモリに含まれる個人情報は、学級の児童名と1学期の所見(24名分)、学級の児童名一覧表(24名分)、児童会行事や遠足の際に撮影した学級児童の写真。なお、データにはパスワードを設定していなかった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×