地すべり自動観測システムのメールサーバがスパム送信の踏み台に(国土交通省) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

地すべり自動観測システムのメールサーバがスパム送信の踏み台に(国土交通省)

国土交通省は、四国山地砂防事務所に設置している地すべり自動観測システムのメールサーバが、外部から不正アクセスを受けたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国土交通省は11月28日、四国山地砂防事務所に設置している地すべり自動観測システムのメールサーバが、外部から不正アクセスを受けたことが判明したと発表した。不正アクセスにより、当該メールサーバが踏み台となって大量のスパムメールが送信された。現在、当該サーバをネットワーク回線から切断し詳細な調査を行うとともに、スパムメールの被害状況についても調査している。

なお、不正アクセスを受けたメールサーバは同事務所で職員が使用しているネットワークとは物理的に切り離されているため、行政情報が外部に漏えいしている可能性はないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×