仮想マシン・プラットフォームをモバイル経由の脅威に拡張(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

仮想マシン・プラットフォームをモバイル経由の脅威に拡張(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、モバイル機器経由で侵入する脅威から企業データを防御するクラウド・ベースの新たなソリューション「FireEye Mobile Threat Prevention」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は10月25日、モバイル機器経由で侵入する脅威から企業データを防御するクラウド・ベースの新たなソリューション「FireEye Mobile Threat Prevention」を発表した。本ソリューションは、モバイル機器に対する脅威を検出およびレポートするために開発された製品。Android搭載機器を対象としており、本年末までに提供開始の予定。

本ソリューションの新たなプラットフォームは、FireEye Multi-Vector Virtual Execution(MVX)エンジンの中でAndroidアプリを動作させ、モバイル経由の脅威を自動的に査定する。この脅威査定機能によって、ユーザは情報に基づいた判断を下し、モバイル環境におけるセキュリティポリシーを実行できるようになる。また、FireEye Dynamic Threat Intelligence(DTI)クラウドにより、Web、メール、ファイルなどを経由する、さまざまな脅威に関するインテリジェンスを共有する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×