仮想マシン・プラットフォームをモバイル経由の脅威に拡張(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

仮想マシン・プラットフォームをモバイル経由の脅威に拡張(ファイア・アイ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ファイア・アイ株式会社は10月25日、モバイル機器経由で侵入する脅威から企業データを防御するクラウド・ベースの新たなソリューション「FireEye Mobile Threat Prevention」を発表した。本ソリューションは、モバイル機器に対する脅威を検出およびレポートするために開発された製品。Android搭載機器を対象としており、本年末までに提供開始の予定。

本ソリューションの新たなプラットフォームは、FireEye Multi-Vector Virtual Execution(MVX)エンジンの中でAndroidアプリを動作させ、モバイル経由の脅威を自動的に査定する。この脅威査定機能によって、ユーザは情報に基づいた判断を下し、モバイル環境におけるセキュリティポリシーを実行できるようになる。また、FireEye Dynamic Threat Intelligence(DTI)クラウドにより、Web、メール、ファイルなどを経由する、さまざまな脅威に関するインテリジェンスを共有する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×