日本におけるセキュリティ脅威が急増(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

日本におけるセキュリティ脅威が急増(エフセキュア)

脆弱性と脅威 脅威動向

エフセキュア株式会社は10月15日、日本におけるセキュリティ脅威が年末へ向けて急増しているとして、注意喚起を発表した。同社が検知した件数は、年初からの9カ月間で2倍に達している。マルウェアでは、バックドアを仕掛ける「トロイの木馬」型のBandookが最も多く検知されている。BandookはWindows 2000、XP、2003、Vista、7を含むWindows NTファミリーに感染し、リモートアクセスを可能にして画面キャプチャやキーボード入力のログ詐取といった悪意のある機能を備える。

また過去にConfickerとして知られていたDownadupのふたつのファミリーが二位と三位を占めており、日本でのWindows XP、2000、2003が引き続き大きな脅威にさらされている。一方、日本ではJavaエクスプロイトのMajavaファミリーが、検知されたエクスプロイトのトップ五位を占めている。さらにJREの脆弱性「CVE-2013-1493」と「CVE-2013-2471」を悪用する、他のふたつのエクスプロイトにも注意が必要としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×