C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は10月4日、同社Tokyo SOCにおいてマルウェア「Mevade」の感染行為およびTorネットワークを利用した活動を2013年8月から検知していると発表した。このマルウェアは、C&Cサーバとの通信を隠ぺいするために、Torネットワークを利用するという特徴的な機能を有している。

Tokyo SOCでのMevadeの感染行為の検知状況では、8月末から9月初めにかけてホストに感染させようとする通信が増加したが、9月13日以降は検知されていない。また、MevadeによるTorネットワークを利用した通信の検知状況では、9月13日以降に収束した感染行為と異なり、8月末から現在まで検知が続いている。このことから、マルウェアが駆除されずに活動していると考えられる。ホストから意図しないTor通信が発生している場合は、Mevadeに感染している恐れがあるとして注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×