C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

日本IBMは、マルウェア「Mevade」の感染行為およびTorネットワークを利用した活動を2013年8月から検知していると発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は10月4日、同社Tokyo SOCにおいてマルウェア「Mevade」の感染行為およびTorネットワークを利用した活動を2013年8月から検知していると発表した。このマルウェアは、C&Cサーバとの通信を隠ぺいするために、Torネットワークを利用するという特徴的な機能を有している。

Tokyo SOCでのMevadeの感染行為の検知状況では、8月末から9月初めにかけてホストに感染させようとする通信が増加したが、9月13日以降は検知されていない。また、MevadeによるTorネットワークを利用した通信の検知状況では、9月13日以降に収束した感染行為と異なり、8月末から現在まで検知が続いている。このことから、マルウェアが駆除されずに活動していると考えられる。ホストから意図しないTor通信が発生している場合は、Mevadeに感染している恐れがあるとして注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×