アドビのネットワークにサイバー攻撃、290万名分の顧客情報が漏えいか(アドビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

アドビのネットワークにサイバー攻撃、290万名分の顧客情報が漏えいか(アドビ)

アドビは、同社のネットワークがサイバー攻撃を受け、同社製品のソースコードや顧客情報に不正アクセスされたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
アドビ システムズ株式会社(アドビ)は10月3日(米国時間)、同社のネットワークがサイバー攻撃を受け、同社製品のソースコードや顧客情報に不正アクセスされたと発表した。現在のところ、攻撃者は同社のシステム上にあるアドビの顧客IDおよびパスワードにアクセスしたことが判明している。また攻撃者はユーザ290万人分の情報を抜き取ったと思われる。

アクセスされた情報には、顧客名、暗号化されたクレジット カードまたはデビットカードの番号、有効期限、顧客注文に関連するその他の個人情報も含まれている。なお現時点で、同社システムからアクセスされたクレジット カードまたはデビットカード番号の暗号化が解除されたとは考えられないとしている。同社では予防策として、Adobe IDアカウントのパスワードをリセットしており、ユーザに対し変更方法を記載したメールを送っているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×