IT 業界の女性は「喋る犬」のように珍しい:IT セキュリティ業界の女性は~エストニア語を話す犬ぐらい珍しい?(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

IT 業界の女性は「喋る犬」のように珍しい:IT セキュリティ業界の女性は~エストニア語を話す犬ぐらい珍しい?(The Register)

その報告書は、オンライン攻撃を止めるためのステップを適切に踏むことのできる労働者が深刻に不足しているということも示唆しており、また、その技術のギャップは非常に大きく、それを埋めるためには 20 年かかるかもしれないと警告している。

国際 TheRegister
調査によると、女性たちは IT の他の分野を回避する以上に、サイバーセキュリティの分野を避けている。

2012 年に QA のサイバーセキュリティのトレーニングを受けた 2,500 人のうち、女性はわずか 6.2 %しかいなかった。

またセキュリティコースを選択した女性の人数も、2011 年から 2012 年の間、全体的に 19.5 %減少した。一方、そのコースを選択した男性の数は同期間で倍以上となり、118 %増加した。同研修会社は女性が少ないことの原因として、学校の役立たずな授業(ハードコンピュータサイエンスを教えることよりも、基本的なオフィスのスキルを教えることに焦点を当てている)と同じぐらいに性差別を非難している…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×