英国人ハッカー、投獄された刑務所の『メインフレーム』に侵入~刑務所の IT クラスに申し込み(The Register) | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

英国人ハッカー、投獄された刑務所の『メインフレーム』に侵入~刑務所の IT クラスに申し込み(The Register)

また Fox は、このクラス(若い犯罪者たちが、出所後に職を得る可能性を掴むための技術を与えることを目的としている)へ若者たちを参加させることは彼の決定ではなかったと主張した。

国際 TheRegister
コンピュータ詐欺で収監中の英国人ハッカーが、IT レッスンの最中に刑務所のコンピュータシステムへ侵入した。

ハンプシャー州 Southsea の Nicholas Webber(21 歳)は、刑務所内で開かれているテクノロジークラスへの参加を許されたのち、そのネットワークへのアクセスに成功した。

Webber は 2011 年 5月、悪名高いサイバー犯罪市場 GhostMarket.net を立案指揮したことにより、5 年の禁固刑に処せられた。詐欺師たちは、盗まれたクレジットカードの詳細情報を売買する目的で彼のウェブサイトを利用していた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×