不正アクセスにより個人情報流出およびウイルス感染の可能性(ジェーシー・コムサ) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

不正アクセスにより個人情報流出およびウイルス感染の可能性(ジェーシー・コムサ)

ジェーシー・コムサは、同社が運営する「JC ハーベスターショップサイト」に対して外部からの不正アクセスがあり、利用者の個人情報流出の可能性があると発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ジェーシー・コムサは5月14日、同社が運営する「JC ハーベスターショップサイト」に対して外部からの不正アクセスがあり、利用者の個人情報流出の可能性があると発表した。これは3月25日から4月12日までの間、同サイトにおいてウイルス感染の疑いのあることが判明し、調査の結果、3月25日に不正アクセスがあったという。現時点では顧客情報流出の事実は確認されていないが、その可能性は否定できないとしている。

流出した可能性のある顧客情報の件数は、伝票件数で2,707件(利用者数965名)、このうちクレジットカード扱いの伝票件数は713件(同266名)。これらには、氏名、住所、電話・FAX番号、メールアドレスが含まれていた(クレジットカード扱いの場合はクレジットカード番号、有効期限を含む)。また、当該期間に同サイトにアクセスしたユーザにはウイルス感染のおそれがあり、PCにウイルスが潜伏している、またはウイルスによりPCに何らかの問題が発生する可能性があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×