ColdFusionに脆弱性、すでにエクスプロイトが公開(アドビ) | ScanNetSecurity
2019.10.18(金)

ColdFusionに脆弱性、すでにエクスプロイトが公開(アドビ)

アドビは、「ColdFusion」のセキュリティアドバイザリ(APSA13-03)を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は5月8日(米国時間)、「ColdFusion」のセキュリティアドバイザリ(APSA13-03)を発表した。これによると、Windows版、Macintosh版、UNIX版の「ColdFusion」10、9.0.2、9.0.1、9.0およびそれ以前には、クリティカルな脆弱性が存在する。

この脆弱性(CVE-2013-3336)が悪用されると、権限のないユーザにリモートサーバ上のファイルを取得される可能性がある。また、すでに本脆弱性に対するエクスプロイトが公開されているという。同社では本脆弱性に対するアップデートを5月14日(米国時間)に公開予定としており、それまではアクセスを制限することで本脆弱性の影響を緩和するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×