第1四半期のSQL攻撃は6倍に増加--Webアプリに対する攻撃レポート(Imperva Japan) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

第1四半期のSQL攻撃は6倍に増加--Webアプリに対する攻撃レポート(Imperva Japan)

Imperva Japanは、「Hacker Intelligence Initiative Report~Get What You Give: The Value of Shared Threat Intelligence~」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Imperva Japanは4月24日、「Hacker Intelligence Initiative Report~Get What You Give: The Value of Shared Threat Intelligence~」を発表した。レポートでは2013年1月から3月までの3カ月間、60のWebアプリケーションに対する攻撃トラフィックを分析し、共通の攻撃パターンを特定している。

レポートによると、複数の攻撃元をターゲットにしたSQL攻撃は6倍に伸び、攻撃全体の17%を占めた。また、スパム攻撃者は4倍(全体の攻撃の56%)に伸び、複数ターゲットのRFI攻撃者は2倍近く(同73%)に伸びている。さらに、攻撃者、ペイロード、攻撃ツールなどを特定することが重要であるとした上で、多数のユーザによって構成されるコミュニティが、大規模攻撃に対する保護を向上させるとして、企業間のセキュリティに関する連携が有効であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×