実際に被害をもたらしているのはビジネスクリティカルなアプリケーション(パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

実際に被害をもたらしているのはビジネスクリティカルなアプリケーション(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、米本社による「Application Usage and Threat Report(アプリケーションの使用および脅威分析レポート)」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
パロアルトネットワークス合同会社は4月25日、米本社による「Application Usage and Threat Report(アプリケーションの使用および脅威分析レポート)」を公開した。第10版となる本レポートでは、アプリケーションの使用とセキュリティ脅威に関して、データの集計と関連性分析を初めて行っている。2012年5月から12月までの期間、3,000を超える組織のネットワークトラフィック分析をベースに、ネットワークセキュリティ業界におけるアプリケーションの使用と脅威について非常に包括的な調査を実施した。

レポートによると、ソーシャルネットワーキング、動画、およびファイル共有アプリケーションは339種検出され、ネットワーク帯域幅の使用率は20%であったが、エクスプロイト ログに占める割合は1%に満たなかった。また、調査対象となった1,395種のアプリケーションのうち、9種のビジネスクリティカルなアプリケーションがエクスプロイト ログの82%を占めた。さらに、ネットワーク帯域幅の使用率は2%にも達しないカスタムアプリケーションや不明なアプリケーションが、マルウェア ログの55%を占めたことなどが明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×