問題が発生したセキュリティ更新プログラム「MS13-036」を再提供(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

問題が発生したセキュリティ更新プログラム「MS13-036」を再提供(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは4月23日、セキュリティ更新プログラム「2840149」の再提供を開始した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は4月23日、セキュリティ更新プログラム「2840149」の再提供を開始したと発表した。これは、「MS13-036」で提供したセキュリティ更新プログラム(2823324)の適用後、特定の環境下でSTOPエラーが発生し、Windowsが正常に起動しない、あるいは特定のアプリケーションが正しく動作しない現象が発生する場合があることを確認し、セキュリティ更新プログラムの配信を停止していたもの。

今回のセキュリティ更新プログラムの影響を受けるOSは、Windows Vista(x86/x64)、Windows Server 2008(x86/x64/ia64)、Windows 7(x86/x64)、Windows Server 2008 R2(x64/ia64)。これらのNTFS Kernel用に今回提供されたセキュリティ更新プログラムは、元のセキュリティ更新プログラムに置き換わるもの。すでにアンインストールしたユーザはインストールを行い、問題が発生していないユーザにも適用するよう呼びかけている。その場合、元のセキュリティ更新プログラムをアンインストールするよう強く推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×