「きぼう」関連の情報など、JAXAのサーバに外部から不正アクセス(JAXA) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

「きぼう」関連の情報など、JAXAのサーバに外部から不正アクセス(JAXA)

JAXAは、インターネットに接続したJAXAのサーバへ外部から不正アクセスがあったことが4月18日に判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月23日、インターネットに接続したJAXAのサーバへ外部から不正アクセスがあったことが4月18日に判明したと発表した。これは、4月18日に当該サーバの通信記録の定期確認を行ったところ、不審なIPアドレスからのアクセス記録が見つかったというもの。このため、直ちに当該サーバをネットワークから切り離し状況を調査したところ、4月17日深夜に当該サーバへ不正なアクセスがあったことが判明した。現在、原因および影響などについて調査を行っているという。

不正にアクセスされた情報は、「国際宇宙ステーション日本実験棟『きぼう』の運用準備に使われる参考情報」および「『きぼう』運用関係者の複数のメーリングリスト」。なお、これらの情報は「きぼう」の運用に直接使われるものではなく、運用に支障を来すものではないことが確認されているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×