支店内のPCに挿していた、顧客情報を記録したUSBメモリが紛失(JTB中部) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

支店内のPCに挿していた、顧客情報を記録したUSBメモリが紛失(JTB中部)

JTB中部は、同社福井支店において顧客の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ジェイティービー中部(JTB中部)は3月27日、同社福井支店において顧客の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。これは3月25日の業務開始前、営業担当者が支店内のPCに挿していたUSBメモリがなくなっていることに気づいたというもの。支店社員全員で事業所内の捜索を行ったが、発見には至ってない。

紛失したUSBメモリには、1,381名分の氏名、性別、所属・役職、住所、電話番号、906名分の氏名、性別、所属・役職・年齢(の一部)、124名分の氏名が記録されていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×