モバイル端末もデスクトップPCと同様に脅威の矢面に立たされている(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

モバイル端末もデスクトップPCと同様に脅威の矢面に立たされている(カスペルスキー)

カスペルスキーの「Mobile Malware Evolution」レポートによると、サイバー犯罪者は人気の高いAndroidプラットフォームに目をつけ、Android関連の脅威の数が急激に増加している。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は3月8日、ロシアKasperskyが2月28日に公開したリリースの抄訳として、「Mobile Malware Evolution(モバイルマルウェアの進化)」レポートを紹介している。これによると、サイバー犯罪者は人気の高いAndroidプラットフォームに目をつけ、Android関連の脅威の数が急激に増加した。2012年1月時点で Kaspersky Labの定義データベースに登録されたAndroidマルウェアの固有の検体数は6,000個未満でしたが、2012年が終わる頃には43,000個以上に達した。

2012年に発見された新たな脅威のうち、Androidベースのスマートフォンおよびタブレットを標的にしたものは99%を占め、SymbianやBlackBerryベースの端末やモバイルJavaを標的にしたものは1%にも満たない。もっとも拡散した Androidの脅威は、「プレミアムSMSを送信し不正課金を行うSMSトロイの木馬」「アドウェア」「ルート権限を奪取して端末や端末内のデータへの完全なアクセス権を取得するエクスプロイト」大きく3つのグループに分けることができる。さらに注目すべき点として、モバイルボットネットもAndroidマルウェアに新たに加わったことを挙げており、今やモバイル端末はデスクトップコンピュータのように、標的型攻撃やサイバースパイ活動の矢面に立たされているとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×