オバマの新しいサイバーセキュリティー戦術、邪悪なインサイダーと中国について言及~ハッカーか、それとも何らかのルートを持った従業員か? トラブルはすぐ近くにあるとホワイトハウスが警告(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

オバマの新しいサイバーセキュリティー戦術、邪悪なインサイダーと中国について言及~ハッカーか、それとも何らかのルートを持った従業員か? トラブルはすぐ近くにあるとホワイトハウスが警告(The Register)

国際 TheRegister

米国の企業秘密の窃盗と戦うための新しい戦略を、ホワイトハウスが発表した。――それは米国の大企業に対する動きとして注目されている、中国のサイバースパイ活動が明るみに出た数日後のことだった。

この戦略は水曜日(編集部註:2月20日)に発表されたレポート(PDFファイル、141ページ)の中に概説されており、外交努力、情報セキュリティを強化するための民間企業との協力、立法、法の執行業務、公共教育活動の五つを特徴とした計画に焦点を当てている。米国商務省、国防総省、国土安全保障省、司法省、国務省と財務省(国家情報局長のオフィス、米国通商代表部)はすべて戦略の策定に関与しており、この戦略が効力を得る際にも関与する。

この米国政府のレポートは、中国によるスパイ活動の実例の数々と、ロシアやその他の国に由来する少数の攻撃を取り上げた、魅力的な読み物である…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×