Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register)

声明では「残念なことに、委員会の報告は我々が証明した米国、世界におけるネットワークセキュリティの実績を無視したばかりでなく、我々が提供した膨大な事実にも注意を払わなかった」と述べられており、その努力は実を結ばなかったようだ。

国際 TheRegister
Huaweiが、米下院の情報問題委員会が報告書で、同社をプライバシーやセキュリティを尊重するなら、米国の企業が避けるべき企業と決めつけたことに対し、反撃している。

ありがちな声明で同社は「…我々の最善の努力にも関わらず、委員会はあらかじめ決められた結論を表明したようだ。」と述べている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×