約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター)

尼崎市シルバー人材センターは、同センターの会員や顧客の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
尼崎市シルバー人材センターは12月27日、同センターの会員や顧客の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。これは同センターの事務局長が2012年12月21日に同USBメモリを自宅に持ち帰っており、12月23日に紛失に気づいたというもの。紛失したUSBメモリには、会員約8,400名、顧客約3,800社の氏名(名称)、住所、電話番号、職員の給与や評定などが記録されていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×