Javaのゼロデイ脆弱性がエクスプロイトキットに追加、攻撃検知も増加(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

Javaのゼロデイ脆弱性がエクスプロイトキットに追加、攻撃検知も増加(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は1月11日、Oracle JRE / JDK バージョン 7の脆弱性(CVE-2013-0422)を悪用する攻撃が増加しているとして、注意喚起を発表した。攻撃は不正なWebサイト経由で行われており、Blackhole Exploit KitやRedKitなどドライブ・バイ・ダウンロード攻撃で使用される複数のツール(Exploit Pack)に本脆弱性を悪用する機能が追加されている。

また東京SOCにおいても、Exploit Packによる攻撃を継続して確認しており、1月8日、9日には検知件数が増加している。また、本脆弱性の追加により今後被害の増加も予想されるとしており、ユーザに対し修正バージョンの早急なアップデートを推奨している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×