Googleアカウントの乗っ取りが多発、2段階認証の設定のコツを紹介(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2020.10.26(月)

Googleアカウントの乗っ取りが多発、2段階認証の設定のコツを紹介(ウェブルート)

ウェブルートは、Googleアカウントの乗っ取りが世界的に多発していることを受け、ブログで注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ウェブルート株式会社は12月28日、Googleアカウントの乗っ取りが世界的に多発していることを受け、ブログで注意喚起を発表した。これは、Googleから「最近、他のユーザがアプリケーションを使用してGoogleアカウント○○○@gmail.comにログインしようとしました。Googleでは、このアカウントへのアクセスが不正ユーザによるものであった場合に備え、このログインをブロックしました」というメールが届くというもの。

こういった事例が多発しており、パスワードのハッキングツールも出回っていることから、Googleでも「2段階認証」を提供している。2段階認証は、ユーザ名とパスワードだけではなく、セキュリティコードと呼ばれる2つ目の認証コードを利用するもの。ただし、これを利用するとiPhoneのメールアプリでメールを読むことができなくなることも確認されており、「アプリケーションとサイトを設定する」項目で「アプリケーション固有のパスワード」を設定する必要がある。ブログではまた、解析されにくいパスワードの設定方法も紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×