「遠隔操作ウイルス」情報提供ページに情報追加、Facebookページも公開(警視庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

「遠隔操作ウイルス」情報提供ページに情報追加、Facebookページも公開(警視庁)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

警視庁は12月21日、いわゆる「遠隔操作ウイルス」真犯人に関する情報提供についてのページをアップデートするとともに、Facebookページを新設したと発表した。情報提供のページでは、従来の概要や犯人の特徴、ウイルスの特徴といった情報に加え、新たに「犯行時間帯」「犯行予告」「犯行声明メール」「ウイルス情報」のコンテンツを追加した。

犯行時間帯においては、ほとんどの犯行が平日、特に月曜日と水曜日の昼間帯に集中して敢行されており、この時間帯に自宅や会社などでコンピュータを使用することができる生活をしていると思われること、逆に週末は主だった動きが見られないことから、週末(土曜日および日曜日)にはコンピュータをほとんど使用しない生活環境にあると思われるとしている。Facebookページにおいても、情報提供のページと同様の内容が公開されている。なお、Facebookページでは情報提供を受け付けていない。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×