「Cosminexus HTTP Server」および「Hitachi Web Server」にXSSの脆弱性(HIRT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「Cosminexus HTTP Server」および「Hitachi Web Server」にXSSの脆弱性(HIRT)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日立製作所ソフトウェア事業部は11月30日、同社のセキュリティ情報サイト「HIRT」において「HS12-028:Cosminexus HTTP Server、Hitachi Web Serverにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性」を公開した。これは、「Cosminexus HTTP Server」および「Hitachi Web Server」においてコンテントネゴシエーションを有効にしている場合、クライアントに送信するレスポンスに不正なスクリプトが追加され、それがクライアント上で実行されることがあるというもの(CVE-2012-2687)。

Cosminexus HTTP ServerおよびHitachi Web Serverのインストール直後の設定では、コンテントネゴシエーションは無効になっている。本脆弱性は、OptionsディレクティブにMultiViewsオプションを指定しコンテントネゴシエーションを有効にした場合に発生する。同社では、対策版の適用または回避策による対応を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×