「GhostShell」の第6次プロジェクト、今冬に実施との書き込み(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「GhostShell」の第6次プロジェクト、今冬に実施との書き込み(エフセキュアブログ)

ラックの岩井博樹氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで「GhostShell」の第6次プロジェクトについて紹介している。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ラックの岩井博樹氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで11月30日、「GhostShell」の第6次プロジェクトについて紹介している。GhostShellは、10月に世界中の100の大学(日本を含む)のサーバから窃取した情報をネット上に掲載し話題となったハッカーグループ。そのGhostShellが11月6日にTwitter上で、次のプロジェクト予告をしたことが注目されている。

ツイートは「We have begun working on the next operation. The 6th project will come out this winter. It also have backstage info on past ops.」というもの。岩井氏は、過去の攻撃手口から恐らく今回もSQLインジェクションや管理アプリケーションの脆弱性などを狙った攻撃を行うのではないか、との見方が強いとしている。現在のところ具体的な標的などの詳細情報は掲載されていないが、念のため公開サーバ群の「Webアプリケーションの脆弱性の修正」「データベースやコンテンツ管理システムなどへのアクセス制限」「IPSやWAFの動作確認」などといったセキュリティチェックをしておくことを勧めている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×