「GhostShell」の第6次プロジェクト、今冬に実施との書き込み(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

「GhostShell」の第6次プロジェクト、今冬に実施との書き込み(エフセキュアブログ)

ラックの岩井博樹氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで「GhostShell」の第6次プロジェクトについて紹介している。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ラックの岩井博樹氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで11月30日、「GhostShell」の第6次プロジェクトについて紹介している。GhostShellは、10月に世界中の100の大学(日本を含む)のサーバから窃取した情報をネット上に掲載し話題となったハッカーグループ。そのGhostShellが11月6日にTwitter上で、次のプロジェクト予告をしたことが注目されている。

ツイートは「We have begun working on the next operation. The 6th project will come out this winter. It also have backstage info on past ops.」というもの。岩井氏は、過去の攻撃手口から恐らく今回もSQLインジェクションや管理アプリケーションの脆弱性などを狙った攻撃を行うのではないか、との見方が強いとしている。現在のところ具体的な標的などの詳細情報は掲載されていないが、念のため公開サーバ群の「Webアプリケーションの脆弱性の修正」「データベースやコンテンツ管理システムなどへのアクセス制限」「IPSやWAFの動作確認」などといったセキュリティチェックをしておくことを勧めている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×